momotaro55

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年の葡萄は豊作! 

<<   作成日時 : 2012/10/17 17:33   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 16



画像

      先週末のチャリティ オークションが終った翌日
      とうとう今年初めての雨が数日中に降ると云うので
           恒例の行事となっている
   ワイン造りの為の<葡萄の収穫>の日取りがあわただしく決まりました
      どうやらこう言う事はなかなか微妙で
     葡萄の出来具合と天候の変化によっても毎年違うのですが
    収穫のタイミングを決めるのは専門家にも簡単な事では無いらしい
     果実の味を良くするには可能な限り塾させて置く必要がありますが
    此れ以上収穫を伸ばせば折角の葡萄の果実自体を
     雨で台なしにしてしまう事になりかねませんから
     前夜の騒ぎで疲れて居た近所の人々も皆
     翌朝にも結構楽しそうに葡萄の収穫に集まりました
     
画像

     行って見ると昨年よりも葡萄の出来具合は遥かに良くて
     ご覧の様に美しい葡萄がいっぱいです!
     殆ど透き通る様なみずみずしい葡萄の姿に
    私もつい何枚も写真を取っていました
    やって来た人達も口ぐちに豊作を喜びながら
     綺麗に植えられた葡萄の木の畝々の中を
      人々はそれぞれ散らばって賑やかにおしゃべりしながら
      葡萄棚の所々に設置されているプラスティック製の容器の中に
      たわわな葡萄の実を切り取っては投げ入れて行きます
       若い男の人達が
    人々によって収穫された葡萄が容器にいっぱい溜まると
      入口の近くに置いて在る大きな入れ物に移しては
      どんどんと片付けて行く所はなかなか気持が良くて爽快な感じです


画像

      殆ど昼前に成るとこんなにたくさんの収穫が・・・・・
  昨年はこの大きな入れ物に全部でたった二杯半しか在りませんでしたが
        今年は殆ど五杯弱<約5トン>も在りました!
画像

    こうして収穫された葡萄は此の後暫くの間
       バーンの中にフォークリフトで運ばれて保管されますが
      翌日には別な場所にあるワインセラーの方に運送されて
      数々のプロセスを経た後、最終的にワインとなる運命
        毎年こういう光景を見ながら
      この葡萄が何時か何処かの誰かを楽しませる日が来る事を
     収穫に参加しただけの私までがちょっと誇らしい気がしてしまいます
      此処まで来る為のBさん達家族の一年間の非常な努力を
      日ごろ近くで見て居る私達には理解が出来るだけに
      2012,年の収穫が豊作で終えられた事が本当に気持良くて 
      久々に皆の心が自然に温かく成る体験でした
画像

    殆ど昼過ぎに収穫が終わった後、私達は葡萄園を後にして
     例年の様に参加者皆でBさんのお宅に向かいました
      そこではすでに奥さんや娘さん達の手によって用意された
     沢山の食べ物や飲み物がお腹をすかせた私達を待っていました
     人々は其々勝手に彼方此方に集って好きな物を皿に取って
     のどかな秋の昼下がりに豊作を祝いながら
    心おきなく暗くなるまで楽しく午後を過ごしました
画像

      葡萄の収穫を無事にすませた二日後の昼間
      とうとう雨が降りそうな気配がして
      見る見ると黒い雲が空を覆い始めて怪しい雰囲気に・・・・
      私が何と無く此の写真を撮り始めた時点で
      ピカッと落雷が・・・・・・ 
画像

       其の次の瞬間に空から雨と混じった 大粒の氷が
      私の目の前にころがって来たので一応シャッターを押した瞬間
      殆ど真珠の玉ぐらいも在るこんな大きな氷が 
      続いて何回もの雷鳴と共に辺りが白くなるほど落ちて来ました
      私は雷は苦手なのですぐに家の中に引っ込みましたが
       又こんな季節がやって来た事をはっきりと感じる
       ある秋の肌寒い日の事でした 
画像
    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと見事な葡萄ですね。葡萄を食べてもさぞ美味しいと思いますが、これが絞られ、樽に寝かせられて美味しい白ワインになるのですね。
もう15年ほど前のことになりますが、仕事でサンフランシスコに出張した際に、現地の会社の社長さんがナパバレーに連れて行ってくれました。ゴールデンゲートブリッジを渡ってね。
そこのワイナリーで美味しいワインの試飲をさせてもらいましたよ。
ナパバレーはワインの一大産地なんですね。もしかしたらmomoさんのお宅もその辺りなんでしょうか。
あきさん
2012/10/17 17:54
あきさんは本当に色々な事に体験知識があるんですね。
確かに此のあたりを中心にカルフォルニアワインが作られて居ます。
ナパバレー、スノマカウンティーがカルフォルニアワインの発生の場所で世界的に有名ですが、最近では更に広い範囲でも膨大な数のワインセラーが出来て居ますよ。
私の住んでいる所は其の一部にあります。
殆どは他の事業で成功して資金が出来た人達ですから、かなり名の知られた人物達がワイン作りをサイドビジネスにして居るのです。
あの映画ゴッドファーザーで有名なフランシス コボラもワインセラーを持っていますし、有名オリンピック金メダリスト、元スーパーモデルなどもごろごろですよ。
例の昨年亡くなったカリスマ的<某コンピューター会社の創始者>もこのあたりの出身です。
 最近では日本人も中国人も多くて何だか外国だとは思えないのですけどね。
momo
2012/10/18 02:09
そちらのブドウは袋をかけないのですね。
日光をサンサンと受けて甘くなっていると思います。
日本のブドウは 必ず袋をかけて 虫から保護します。
だから日光は受けて居ない。
とにかく過保護に作ります。だから、一房がメチャクチャ高いです。
ブログに ブドウ畑の様子 載せましょうね。
ハイジママ
2012/10/18 11:22
momoさんが手伝われたブドウ畑のお写真 貸してくださいね。日本の畑と比較しましょう。
ハイジママ
2012/10/18 11:42
今 日本のブドウ園の記事出しましたよ。
ハイジママ
2012/10/18 12:00
今晩は。
葡萄の豊作ですね
色が無いので白ワインの原料になりますかね
無知ですから・・・憶測です
甘い巨峰が大好きなんで、その他のブドウは味が解りませんがそちらのブドウはどうでしょうか・・・
突然の雹にはびっくりされたことでしょうね
そちらでも大気の急変があるようですね
でも、最後のブドウの写真にmomoさんの安堵感が見えました
遅れましたがデミからシウンサイと名前を変えました
今後ともよろしくお願いします
紫雲斎
2012/10/18 18:33
ハイジママさん、この葡萄はシ―ドレス<種なし>で小粒ですが甘くてとても美味しいですよ!
ワイン用の葡萄とデザート用の葡萄とは始めから種類が違うそうですが、多分ワインにするにはかなりの糖分が必要なのだと思いますね。
今まで疑問に思わなかったのですが、このあたりでは果実は何でも自然のままにしてありますが、その方が味が良いと思います。
日本では何もかも手間がかかり過ぎて居ますね。
生産する側ではそうでないと利潤が取れ無いのでしょうか?
momo
2012/10/19 02:22
紫雲斉さん、これは間違い無く白ワインになります。
私もワインの通では無いのですが素材の葡萄の種類とか、又は皮を取ってしまうと違う名前のワインとなるようです。
最近は日本人もワインを楽しんでいる様ですね。
此の辺りでは冬になるとアラスカからの冷たい空気が流れて来ますから、地面が暖かい時に上空が冷たいとこんな風に落雷したり氷が降ったりします。
落雷で死亡するケースも少なく在りませんよ。
自然の中では人間は無力に思える事が多いのです。
紫雲斎さんも新しいスタートで頑張って下さい。
これからもよろしくね! 
momo
2012/10/19 02:36
豊作おめでとうございます。気分が明るくなってきますね。収穫に参加した人々の頑張りには驚きました。前夜がオークションだったのにパワーがありますね。オークションで良いことをして、翌日はぶどうが豊作で、で元気が出るのでしょうか。でもたちまち空が暗くなって雷鳴が轟いて静かに休む時が来たようですね。
むーた
2012/10/19 22:03
むーたさん、この収穫の日は此方でも祭日で公の休日でも在りましたから、少し気持の余裕があったのだと思いますネ。
私自人身も含めてお手伝いに来るのは近所の住人達とその家族、Bさん家族の友人達、仕事関係の知人など普段はこんな事には関係の無い職業の人達ばかりなのです。
葡萄刈りは経験のある人は多いと思いますが、葡萄栽培の良い所だけを楽しませて頂いている見たいでとても楽しいですよ。
毎年初て参加する人も結構いますし、小さな子供達も一緒に参加して居ます。
昔作物の収穫は、殆どお祭りの様な事だったのだと改めて理解出来る気がします。
大人もまるで子供に帰った様な気がしますからネ。
雨が降る前にすべてが無事に終ったのは本当に良かったと思います。
 
   
momo
2012/10/20 01:44
ご訪問遅くなりました。
momoさんはぶどう畑の近くにお住まいなんですね。
とってもいい環境ですね。
北海道とはまた違う面白さがあります。
収穫に関わると、誇らしい気がするとありましたが、
私もじゃがいもの収穫の仕事をしたとき、同じような気持ちを抱きました。
ポテトチップス用でしたので、これがみんなのおやつになるんだな〜と思うとワクワクしました。
これから白ワインを見たら、momoさんのこの記事を思い出すと思います。^^

ところで、雷は大丈夫でしたか?
TAMO
2012/10/22 19:01
TAMOさんお忙しい時期にコメント有難うございます!
カルフォルニアには色々な面がありますが、この周辺は程良く自然に恵まれて居ますし、人々もシカゴやニューヨークとは違ってのんびりしていますから暮らし易くて良い雰囲気ですよ。それに近所の人達もすごく親切で素敵な人達ばかりです。
北海道の様な厳しい自然の中も私は好きですが、こちらにはグリズリーベア―やマウンテンライオンの様なワイルドで怖い動物も居ますから、これ以上奥深い場所では私達にはちょっと厳しすぎるかなと思っています。
ずっと以前にアメリカに来た時にはいかにもカルフォルニアらしいビーチの近くに住んで居ましたが、少しずつ自然の多い所に移動して来ました。TAMOさんがファームを始めた動機とは違うかもしれませんが、ある人達からは<クレイジー>と思われる事が、ある人達には<幸運>だと云う事がありますよね。
私はこんな体験が出来る事自体が贅沢だと思っています。
だからTAMOさんが北海道の生活を一日一日と本当に楽しんでいるのが理解出来るのです。 
ジャガイモの収穫も楽しいですネ。私は子供時代に母が植えたジャガイモを掘り起こした事が在りますが、そういう事ってずっと忘れたりしないのですね。
この日の雷雨は一時間程で終わりました。
まだ地面が暖かいので折角の氷はすぐに溶けてしまいました。写真が撮れなくて残念でした。   
momo
2012/10/23 18:03
ワー すごい量のぶどうですねぇ
私はアルコール類は全くダメで
昨年作った梅ジュースが発行していて
それを飲んだら 顔が真っ赤っかで
家族に笑われてしまいました!
そんでもってしばらく気分悪くなって
動けませんでしたよ _| ̄|○
ねこちゃん
2012/10/25 10:22
ねこちゃん、こんばんわ!本当に暫くぶりですね。
私も実は余りアルコールが飲めない体質なのです。
だから何時もワインでもビールでもほんの少し味見をするだけにしているのです。
以前は全く駄目だったけど御蔭で少しは味か゛解るようになりました。せっかくワインの産地に居るのだから楽しまないと損だと思いますからね。
見た目からはすごくお酒が行けそうに思われるので、ちょっと悔しいのですけどね。  
 
momo
2012/10/25 13:22
葡萄の収穫が楽しそうですね。
緑色の葡萄は、白になるのでしょうね。
白の甘くて葡萄の香りがするワインは、美味しいですね。
以前、デモンストレーターをしている時に、カリフォルニアの定番ワイン、カルルロッシという銘柄を販売した事があります。大きな花瓶になるほどの瓶で、沢山売れました。少し味見をしたら、とても甘くておいしかった事を思い出しました。きっともっと色々な種類の銘柄があったり、個人の方のワインもあるのでしょうね。
本場ですものね。。。

2012/11/06 00:37
母さん、秋の晴れた日にみんなでする収穫はとても気持の良い体験です。
西洋の方達は食べ物以上にワインに感心を持っています。良く知られて居る事ですがワインが体にも良いと云うので近年特にカルフォルニアワインの需要が伸びているそうです。昔私がこちらニ来た頃にはほんの幾つかしか無かったワインセラーが、今ではあちらこちらに出来ました。時々友人が来ると近くのセラーにワインティスティングのツアーに行きますが、同じセラーでも何種類かのワインを味見しますと一つ一つ違うのが良く解ってそれだけでもかなり楽しめますよ。
カルルロッシはアメリカでは一般的なワインですが爽やかな甘みがあるので、私は何時も料理の時に利用しています。
丁度日本人にとってのみりんの様な感じですね。
ニンニクや玉ねぎを月桂樹、オリーブオイルで炒めてから此の白ワインを入れて塩コショウで味付けをするのが普通ですが、意外に魚貝類や鶏肉に合うのですよ。
魚好きな人には試して頂きたいですね。
何時か又その事もブログにしたいと思っています。
それにしても、母さんの様にお仕事中に美味しい物の味見が出来るのは楽しそうで羨ましいですね!    
momo
2012/11/07 06:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年の葡萄は豊作!  momotaro55/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる