momotaro55

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然保護を考える Western Bluebird

<<   作成日時 : 2012/10/25 16:24   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 17

画像

   前回、葡萄の収穫の記事を書いた後で
   本当はまだ他にも書き忘れて居た事が幾つかある事に
   皆さんからのコメントへの御返事を書く時点になってから
   其の事に思い当たりましたので
   今回は又葡萄の収穫の日のお話を更に深く掘り下げて
   最近あちこちで話題になっている<自然保護>に関する事を
   私個人の体験的な解釈でちょっと書きとめて見たいと思います     
   と云うのは、最近此の私の住んでいる地域では
   過去20年程の間に急激に進んでいるワイン産業の上昇につれて
   其の反面では、膨大な数の木が伐採されて葡萄が植えられ 
    沢山の野生の小動物の生息体系が壊されてしまい
   野鳥達の数が激減して居ると叫ばれて居るからです
   こんなのどかな葡萄畑が続く美しい景観の現実の裏には
   私達が気が付かないうちに
   美しい貴重な自然が失われつつあるのでした
画像

    此れは昨年の秋に私の旦那が自宅にあるショップで
    Bさんに頼まれて制作したウエスタンブル−バードの巣箱です
    それ程大きくも無い<高さ30センチ程度>極シンプルな巣箱で
    ウエスタンブルーバードは其の名の通りに
   綺麗な青い羽根の小さな鳥だからです
    ずっと此の北カルフォルニアからオレゴンに至るまでの地域で
    可愛いらしい姿と美しい啼き声を愛おしまれて来ました
    本来自然の森の中に住むブルーバードは
    木の実と植物の種、ある種の虫の幼虫を食べて生き延びます
    でも葡萄畑になった後、鳥達は生活の場所を失って
    どんどん違う場所に生活の場を求めて去って行きました
    その結果、 葡萄畑では不必要な昆虫類が繁殖して
    葡萄栽培をしている人々の頭痛の種となり始めました
 
画像

     Bさんは様々な情報から最も自然で無害な解決策として
    ブルーバードを葡萄畑に招待し住ませる事によって
    害虫扶助が可能で在ると云う情報を得ました
    本来此の土地に自然に存在して居た野鳥が
    農業開発によって追い出された事が原因だった訳ですから
    其のブルーバード達を連戻そうという事ですね
    これ等の巣箱を葡萄畑の中に設置して置いて
    暫く様子を見て居ると、時々他の鳥が住んで居る事があるそうですが
    そんな場合は引っ張り出して追い出してしまうそうです
    こう言う話を聞くと、何だか滑稽で可笑しくなってしまいますが
    自然の中で何とか生き延び様として居る
    小さな生き物たちの賢明さと健気さ、
    したたかに自然を制覇し利用して生き延びて居る
    私達人間という生き物の<性>を感じてしまいます

    此の様な自然の中にあるあるがままのサイクルを利用して
    できるだけ環境にも人体にも無害なやり方で
     土地を肥させたり害虫をコントロールしたり
    無理の無い方法が探せばある事を
   もっと私達人間は知って置くべきだと思いました
   もちろん、商業的な農業を営む上では法的にも
   何もかもがこんな風には行かないのが現実だとは思います
   Bさんの畑でもある種の病気などの場合には
     公で決められた薬品を使用して対応する義務があります   
     まだ一般に完全な無農薬の葡萄は売られることは無いのですが
     それでも本来の自然の力が新しい葡萄畑の中に
    再び違う形で帰って来てくれることを期待して
    此のプログを締めくくりたいと思います
 
画像
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
環境を守ろうとする人と、資本の論理に従ってお金儲けを考える人、それに自分の長年の夢を実現しようとする人などなど・・・・。
世の中はなかなか複雑に絡み合って動いていくのですね。妥協点を探り合いながら進んでいくのでしょう。

ブルーバードは綺麗な鳥ですね。日本だったら文字通り「幸せの青い鳥」と考えますから、その青い鳥がいなくなるような環境改造には批判が殺到するだろうと思います。アメリカと日本・・・色々な面で違いが大きすぎて、簡単に、或いは単純に比較することは出来ないですね。
あきさん
2012/10/26 09:59
あきさん、こんばんわ!
一般にアメリカでは環境保護に敏感で極端な人達が結構沢山居ます。
何時もどこかで樹齢が長い木が切られる事になるとすぐに反対派が騒ぎ立てて居ます。
でも此の葡萄畑の件では一応個人的な権利の範囲になるので、誰にもどうしようもないのがなの現実です。
ただそれにしてもこんなに身近な所にも自然の崩壊が進んでいるのだと云う事は、私達も知る必要はありますね。
ブルーバードは特に貴少な鳥だと考えられて居ないし、この話は単なる一部の例にすぎません。
ただ私は現実の環境崩壊の進行状況を自覚する事で、私達が少しでもそれを食い止める事が出来るか・・・・という事にもう少し注目して欲しいと思いました。
普段から此のあたりの人達は自然保護には関心が強い人達でもありますから、こんな実験的な試みにも積極的で進歩的です。
ただ野鳥の巣箱を増やすだけでもそれが現実に違いを作れると云う事が、長い時間の中ではとても大切なのだと思いました。
momo
2012/10/27 13:15
こんばんは
生態系を知らないで、または知っていて
壊してしまっているのは人間だけでないでしょうか・・
代替策を用意しながら、新しいことを始めるのは
難しいかもしれませんが・・気付いたとに
行動できるのも人間です。
壊したものを元に戻すのには時間がかかりまが
それに取り組むのは、やはり人として必要です。
自然の恩恵を受けるためには
自然を守る・・ですね。
923
2012/10/28 22:49
923さん、特にカルフォルニアでは多くの人達がほんの少しの環境への無神経な処理が、後々大きな影響になりえる事を常々次の世代にも知らせる必要がると思っています。ずっと30何年も前に私が来た頃にはまだかなリ狂信的で極短な考え方だと思われて居たのですが、最近ではテレビや公の場所にも自然保護に関するコマーシャルが出る様になっています。
人類の将来にとって、科学や利益が最優先では無いのだと各分野の知識人達も認めつつあります。そして私の隣人達の様にそれを実際に実行して居る人達がいます。
傍らでは火星に探知のロケットが飛んでいると云うのにですからね。
だからアメリカって面白いと思うのです。 
momo
2012/10/30 06:42
そうですね。
一番知らなければいけない存在の人間が、何も知らずに壊すことほど恐ろしいものはないですね。
北海道も同じです。
一見自然に恵まれているようですが、森を伐採し牧場畑にしてしまえば野鳥の住処、ヒグマの住処はなくなるわけで、それで町に来てしまったヒグマを駆除とはひどい話だと、私も常々思っています。
自然だけではなく、便利さを追求しすぎて、便利なものを買い揃え、考える力を失いつつある人間が、この先どうなってしまうのか考えると恐ろしいと思うこともあります。
TAMO
2012/10/31 19:40
タローのことでは励ましのコメント・気持ち玉をありがとうございました。
TAMO
2012/10/31 19:41
TAMOさん、ヒグマの場合も彼等が被害者なのに私達人間は彼等の姿を見たら怖がってしまい、むしろ彼等を挑発してしまうだけですから本当に困りますよね。
此方でも私達人間が本来の彼等の生息地域にどんどん住み混んで、餌をとる場所まで道路や公園にしてしまうので学校やショッピングセンターに熊やムースやマウンテンライオンが現れてしまい、警察官がショットガンで撃ち殺してしまう事が在ります。キツネやシカなどの小さな生き物が少なく成ってしまったからなのですが、それと云うのもすべては私達が皆便利で楽がしたいと思う結果なのですね。
でもある人達はTAMOさんの様に少しでも自然の中で自分の方が彼等の事を出来るだけ理解して、何か自然を壊さないように出来る事は無いかと、探索研究して居るのですね。むしろ自然をよく知らない人達の方が自然を壊して居るかもしれませんから、誰かが声をあげて叫ぶ必要はあるのでしようね。
タローちゃんの思い出はきっとサイバースぺ―スの何処かでずっと永久に生きて居ると思います。
私もブログを始めた時、沢山の過去の思い出話しをプログにしました。
きっと天国の彼等にも届くと思ったので。
新しい子犬のふろちゃんがこれからどうなるのか楽しみにして居ますよ!

momo
2012/11/01 08:31
のどかな景色を見るとつい自然と錯覚してしまいますが、営利活動として農業を営んでいる場合はありのままの自然とは違いますよね。ここの場合はさいわいブルーバードさんが害虫駆除に役立つということで共生できそうなのはホッとしました。いつでもどこでもこうはいかないでしょうけど。
むーた
2012/11/05 18:47
今晩は。
自然破壊と反対派・・・
いつの時代も相反する組み合わせですが先に進まなければならないし、考えると頭の毛が抜けてきそうです
似たような鳥が日本にもいますが青い鳥はみんなの人気者です
瑠璃カケスなんて見ようにも見れません
青にかかわらず、野鳥の保護は必要ですね
なんかで読んだことがありますが、先進国で自然が一番残ってるのはアメリカだって事を思い出しました
デミ
2012/11/06 19:30
むーたさん、アメリカの自然も実はかなり人の手が入るっているのです。日本に比べると沢山の緑が在るように見えますが、それも過去二百年間に一度切られて植え変えられた木なのだそうです。
開拓史時代にはもっと大きな木がふんだんに生えて居たので一時はどんどん切り倒されて、膨大な数のバッファローやコンドル達が激減する事になったのです。
自然保護とは言っても現実に変化が起きてから手を施すのでは遅すぎるのですが、それでも身の回りの自然を大切にする気持が失われてしまわない様に、私達は次の世代に受け継がなくてはいけないと思いますね。
momo
2012/11/07 06:35
デミさんお帰りなさい!
名前を変えるのはスムーズでは無いみたいですね。
私のブログ名も他にも同じ名前の人が結構いる見たいなのですが、覚えやすい名前なので其のままにしています。
所でアメリカ人の自然保護への情熱は最近に限らずすごいですよ。ずっとルーズベルトの時代から成功して財を築いた人達は、自分のお金を価値のある自然をそのままにして置くために努力してきました。
最近でもドナルドトランプがニューヨーク州の森林を一万エーカーも買ってそれを国に寄贈しています。都市の人達がずっと其のままで自然を楽しみに来られる場所にして置くためだそうです。
後々一般の企業に買い取られてしまう事を避ける為です。お金のある人達はそういう形で自然保護に力を注いでいます。
それがアメリカの自然が今でも最も野生のままで残っている理由だと思いますね。
気が付いた時では遅すぎますから、ずっと先に手まわしをするところが流石なのですね。 
momo
2012/11/07 07:24
ぶどうの木がた〜くさん 
アレ さんの鳴き声がするぞー
ウエスタンブル−バードさんはカワイイ&お利口さんですねー
害虫駆除されて きつとさんも ですねー
カリフォルニアは暖かいのかな〜 
日本は寒くて またまたボクの苦手な季節の始まりでーす
momoさん体調管理にして下さ〜い すばる
じゅん
2012/11/17 18:03
momoさん、こんばんは。
更新も止まっているので気になってたんです。
お元気ですか?
体調崩されていないですか?
TAMO
2012/12/13 19:42
じゅんさん、コメント懐いて有り難うございます!
お返事が随分遅れてしまい申し訳ありません!
11月22日の感謝祭の日以来、ちょっとパソコンがトラブリ始めてしまい色々やって見ましたが、結局どうしても新しいパソコンが必要となってしまいました。
丁度短いバケーションの予定があったので、その間とうとうブログもお休みする事にしてしまいました。
又すばる君とじゅんさんのところにもお尋ねさせて頂きます。
クリスマスの準備もやっと終わりましたよ。
ではすばる君も寒さに負けないで良い年の瀬をお迎え下さいね
momo
2012/12/17 15:36
TAMOさん、ずいぶんご無沙汰してしまい心配して頂いて有り難うございます。私は元気で生きて居ますよ!
まだそれ程使って居ないのに、とうとう私のパソコンがお陀仏になってしまったのですが、ちょうど同時期に古い友人が手術をしてお見舞いに行ってきました。
結果として私の携帯では日本語が入力出来ないので更新できないままになってしまいました。ご心配をおかけしてごめんなさいね!
まだ新しいパソコンに慣れるのに時間がかかりそうでが、又すぐにプログに戻れると思います。
帰宅してから先日やっとクリスマスの飾りを終えました。
又TAMOさん家の皆のところに訪問出来るのが楽しみです。
とても興味深い記事を楽しませて頂いて、何時も楽しみにしています。
今年もいろいろな事がありましたが、来年も頑張りましょうね!
momo
2012/12/17 15:57
お久しぶりです。
良い記事をありがとうございます。
同じような事が、世界中で起きていることを再認識させられました。
インドネシアで、熱帯雨林が伐採され油ヤシの農園に変えられていることを、英語の授業の中で知りました。そしてそこで作られる植物油を、日本がたくさん輸入しており、私たちの生活に密接に関係していると。同僚のI先生は、カップめんやポテトチップスの成分表示を生徒に見せて、オランウータンが住処を奪われることが、自分たちと無関係ではないと教えたかったのです。
去年北海道に行ったときも、それを感じました。
お花畑は綺麗だけれど、ここにも住処を奪われた動物たちがいたことを思いました。
人間は本当に、バランスをうまく取ることができないですね。
mayflower
2013/01/03 12:51
mayflowerさん、明けましておめでとうございます!
暫くぶりのコメント有難うございます。
確かに世界中で同じ様な問題が起きて居るのですね。
南アメリカでもアマゾンのジャングルの大木がどんどん切り倒されて居ます。
私達の生活に必要な木材を手に入れる為ですが、結果として日陰が無いと<灼熱の地獄>の様な何も生息でき無い土地が出来てしまうのですが、それは何時かその土地の人達の将来に大きな悪影響を与える事がすでに予想されて居るにも関わらず・・・・なのです。
自分達の今のニーズのために自然を壊してしまう事に、私達ももっと繊細な注意を払う必要があると思いますね。
I先生の様に時代をうまくキャッチした価値のある情報を授業に取り入れて教えてもらえる生徒さん達は、とても恵まれていると思いますよ!
此れから私達人類はどうするべきなのか本当に難しい問題ですが、子供達に選択の一つとして「何が起きて居るのか」とか「どうしてそうなるのか」と云うベーシックな知識を少しでも機会がある時に教えたいと思いますね。
望ましくば、その子供達の中に環境保護の為に何かしたいと考えてくれる素材が現れてくれる事を期待したいですね。
そしてそれが今必要な教育では無いかと私は思います。
momo
2013/01/04 14:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
自然保護を考える Western Bluebird momotaro55/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる